サイトメニュー

注入位置に注意!

注射器

ボトックスを使用する時は量だけではなく、注入位置にも気をつけよう!

ボトックスを使用すると筋肉の発達を抑え、シワやエラ張りを防いでくれるのですが、過剰に注入してしまうとボトックス副作用を引き起こします。ボトックス副作用が起こると肌や顔が綺麗にならず、不自然な仕上がりになってしまいます。ボトックスを大量に注入するだけでも、副作用は起こりやすくなりますが、注入位置を間違えた場合も副作用を引き起こす恐れがあります。例えば、鼻を小さくする為にボトックス注射を打ちます。しかし、注入位置を間違えてしまうと鼻が大きくなってしまうのです。適量でも注入位置を間違えると大変なことになりますね。鼻に限らず顔全体でも注入位置を間違えると筋肉の働きが弱くなってしまうので、目が開けにくくなるなどの副作用が起こる可能性はあります。
ボトックスの量は注入場所によって、異なります。顔全体にボトックスを大量に注入してしまうと表情筋も動きにくくなるので、本人はしっかり笑っていても、周りからはぎこちない笑顔に見えてしまいます。適量を間違えたまま目尻に注射をすると目が腫れぼったくなり、眉間であれば額が膨れ上がる危険性があります。ボトックス注射をし、失敗をしてしまうとすぐに元の顔に戻すのは難しいです。もし、失敗した場合はボトックスの効果がなくなるまで待つしかありません。ボトックス効果が切れるのは半年~1年程度と言われています。しかし、目が開けにくい・不自然な笑顔になってしまうなどの日常生活に支障が出る状態で半年間過ごすのは辛いですよね。ボトックス注入で失敗した部位を治療してくれるクリニックはありますが、失敗した度合いなどによっては、注入前の顔に完璧に戻すのは難しいでしょう。一度注入してしまうと元の顔に戻すのは困難ですので、クリニックを慎重に選ぶ必要があります。注入位置に合わせてボトックスの適量を見極めるには高い技術力が必要です。医師の技量によっては理想的な整形をできる場合や失敗をする場合もあるので、それを理解した上でクリニックを探しましょう。ボトックスを使った施術実績が豊富なクリニックであれば、技術力が高い医師がいるので、失敗をすることはないでしょう。反対に、ボトックスを使用した施術の経験が少ない医師であれば注射後に内出血が起こる場合があります。しかし、技術力が高い医師であれば体を傷つけずに施術を行うことができます。
特にカウセリングを重視しているクリニックであれば医師が誠意を持って、患者の悩みに向き合ってくれます。患者の体に負担をかけないような治療も心がけているので、初めてボトックス注射を受ける方や失敗を絶対したくない方は、経験実績が豊富でカウセリングを重視しているクリニックがおすすめです。また、無料でカウセリングを行っているクリニックも多く存在するため施術を受ける前に色んなクリニックのカウセリングを受けて、自分の要望に合ったクリニックを見つけましょう。

Copyright© 2019 注射をするとボトックス副作用が出る?ボトックス注射のデメリット All Rights Reserved.